2021年4月星読み

未分類

おひつじ座

4月前半の方が追い風がふいていて応援してくれる人もいます。4月12日牡羊座の新月の頃、斬新なひらめきと知恵がやってくる暗示。新しいことに挑戦するのはよいことのようだ。

おうし座

4月後半から運気は徐々に回復するだろう。まだ主張してはいけない。自分の存在をかくして人間関係を観察するのがよい。この間、審美眼が磨かれる。

ふたご座

軽やかに楽しく交友関係が広がる。美しい人、可愛い人に出会い、意見を交換する。友を求める気持ちが高まります。

かに座

職場での重圧。発展と重い責任同時にやってきます。マメで思いやりのある態度で切り抜けます。しかし時には相手に任せる、委ねる、との姿勢も大切

しし座

明るく元気に過ごせそうです。しかしちょっとしたミスから自信が崩れてしまうかも。獅子座の明るさと暗さは紙一重。さいしょから、肩の力を抜いて、ゆるくやることで危険は回避。頑張りすぎないこと。

おとめ座

かみ合わない、と思うことが多いかもしれません。すごく悪くはないけれど狙っていたポイントとは微妙にずれてしまう。どうでもいいことばかり思い出されて頭がグルグルししてしまいそう。水星と太陽の位置が変わる4月後半を待とう。

てんびん座

勢いはあっていい運気なのにどこかで、もっともっと上へ、と思っています。でもそれは贅沢です。多分この期間あなたはとても愛され重要人物だと思われています。“欲”を捨てなくてはいけない時でしょう。

さそり座

ものごとがきちんきちんと、こなされ完了していく時期です。真面目に取り組んできたことはようやく軌道にのり動き出します。4月後半はよいパートナー、協力者にめぐまれるので気を緩めず頑張って

いて座

アピール力が強まります。多くの人があなたのことを知りちょっとした有名人に?楽しいこと、発表会、芸術鑑賞、お食事会(マスクはしてね)に臨席するでしょう。

やぎ座

今いる環境を整える時です。もし引っ越しをしていたら早急に部屋を整備。職場で配置換えがあったら、デスクまわりを整理。何も移動などないよ、という人は、普段あなたが一番多く過ごす場所を整えることです。

水瓶座

依然として、甘辛い運気ですが(水瓶座に呑気な木星と重苦しい土星がいるから)受け入れて乗り越えてやっていかなければなりません。勉強や小旅行が吉。しんどい中でも今月はやや追い風が吹くでしょう。

うお座

金運がアップ。でもぼんやりしていると、消える。美しいもの美味しいものに溶けるように消えるかも。仮想通貨や株は上がっても絵に描いた餅が膨らんでいる。かもしれない。現実をシビアに受け入れると運気アップです

コメント

タイトルとURLをコピーしました