アストロカートグラフィ

未分類

2011の大きな地震のあともそうだったけど結婚の報告を聞くことが多いです。不安な世の中だから誰かと一緒にいたくなるのでしょうか?小学生の時、大きな台風がきて教室が騒然となったことがありました。窓ガラスは割れるかと思うくらいガタガタ揺れて、外の樹々が何本か折れて、どこかの看板とか、飛ばされた何か異様な物体が宙を舞っていました。小学生にとっては「この世の終わり」的な光景が目に入り、そんな時私たちは、授業そっちのけで、ふだん喧嘩ばかりしているくせに、なぜかみんな一致団結してクラス中が仲良くなりました。20歳になっても仲良くしようね、なんて誓い合ったものです。人間は、立ち向かわなくてはならない外敵がいると、絆が深まるのでしょうか。翌日台風一過、晴天になった時は、そんな約束は忘れてしまってましたが。

今もそのような状況と同じなのか、もっと別な意味があるのか、しっかり統計をとったわけではありませんが結婚と婚約の報告を聞くことが多いです。おめでとうございます。

占星術にはアイキャッチに使ったような地図を出すことができます。自分が世界の中のどこにラッキーなポイントがあるか?です。アストロカートグラフィとか、アストロマップとかリロケーションと言います。場所が変わると人が変わるとかいいますけれど、あれは星の影響を受けている。といったことなのですよ。

どんな星のもとにうまれているか?

今太陽が沈んでいても反対側に行けば昇っている太陽のもとの生まれになる。ということです。これをこっちから活かしに行くのがこのマップ。

東京在住で日本ではさっぱり運がよくない人がいて、北京とかもっと西の方がいいんじゃないの?とお伝えしたら「え?北京ですか?全然ご縁ないですけれど…ピンとこないです。」と言ってその話はおわり、その後3年くらいして、北京に長く住んでいたフランス人と日本人のハーフで国籍はアメリカという人と知り合いコロナで外出ができないからオンラインで何度も話し、リアルでも何度か逢って、話しているうちに面白い展開になりこの都度結婚します!あの時の地図をもう一度見せて!と言ってきたのでここに公開します。

疫病がおわってもふたりの結束は固いと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました